文京区を気に入りマンスリーマンションへ

田舎で育った事もあり、都会にとても憧れを持っていました。そして仕事をする時は必ず都会で一人暮らしを経験してから結婚をしようと決めていました。何処がいいかなと思って調べていると文京区がとても住みやすそうだったので、即決しました。そして文京区で働ける場所を探しだし、接客業に決まってから家を探し始めました。しかし初めはアルバイトで3か月後に社員に採用されるかされないかがわからなかったので、不安もあり気軽に契約が出来るマンスリーマンションを探す事にしました。初めての一人暮らしだったのですが、新居であるマンスリーマンションがとても気に入り、窓からの眺めも最高なので、より仕事にやる気が出てきます。又エントランスの所に大きなソファーが多数置いていて、待合室にもなっているので、とても高級感があるマンションです。

文京区に転勤になりマンスリーマンションへ

九州に住んでいたのですが、ある日会社から半年間だけ文京区の会社を手伝ってあげて欲しいと言われました。どうやら体調不良で長期休む予定の社員がいるそうで、ヘルプに行って欲しいとの事でした。それは少しでも力になるならと承諾し、引越しを考えました。しかし半年後に又戻ってくる事になるので、なかなか半年間貸してくれるマンションが無く、困っていました。そんな時にあるホームページを見ているとマンスリーマンションの事が詳しく書かれており、まさにピッタリな物件だなと思えました。そして不動産屋のホームページから申し込みをし、ある物件に決まりました。それは生活する上で必要な物がすべて揃ってあるマンションで、洋服以外持って行く必要もないとわかり、とても引越しが楽でした。おかげで引越し屋さんを手配する必要も無く、又金銭的にも助かりました。

オフィス利用が多い文京区のマンスリーマンション

マンスリーマンションは、主に居住目的で活用されます。そこに住む為に利用される訳ですが、たまに例外も見られます。一部の法人の方々などは、オフィスとして活用する為にそれを借りる事もあります。例えばSOHOで事業を営む方々です。小規模なオフィスを構えるとなると、マンスリー物件などは都合が良い事も多いです。色々と清算などの問題があって、手続きが簡略化するからです。ところで文京区には、SOHOワーカーの方々が非常に多く見られます。そのエリアにあるマンスリー物件は、確かに居住目的で活用される事もあります。ですがそれ以上に、オフィスの為に利用する方が多い訳です。それで経費を大きく節減できているケースも、決して珍しくありません。他の地域と比べると、事務所として利用されるのが圧倒的に多いのが、文京エリアにあるマンスリー物件の特徴と言えるでしょう。