年賀はがきへの写真の印刷は自分で行うか業者に依頼か

簡易的ならインクジェットタイプを利用

年賀状の作成に関しては、個人で作成するケースと業者に依頼するケースがあります。かつては個人で作成するといえば手書きでしたので、よりきれいにしたいなら業者に依頼するのが一般的でした。最近はパソコンとプリンターの普及が進み、さらにコンビニなどでもプリントサービスを利用できます。自分でもきれいに作成できるようになっています。年賀はがきにおいて写真を印刷したいときの方法として、インクジェットタイプのはがきを使うことがあります。普通紙と同じ価格になっているので、取り扱いはしやすいです。普通紙で行うとどうしてもぼやけたようになってしまいますが、インクジェット紙であればそれなりにはっきりした色づかいになります。手軽に安く行いたいのであればインクジェットタイプでも十分行うことができます。

専用のはがきを購入して自分で行う

デジカメの普及に伴い、カメラ店で写真をプリントしてもらう機会が少なくなっているかもしれません。パソコンとプリンターがあれば、カメラ店でプリントしてもらうのと変わりないプリントが可能になります。人に渡したい分だけをプリントするなどの使い方をしている人もいるでしょう。年賀はがきにおいても印刷ができるタイプがあるので使ってみると良いかもしれません。通常のはがきに比べると少し厚めになっていて、表面は光沢がかっています。ですから、普通にプリントした時と同じような仕上がりのはがきにすることが可能になります。結婚式の様子や子供の様子など、よりはっきり知ってもらいたいならインクジェットタイプよりも良いかもしれません。しかしハガキそのものの値段が高くなります。きれいになる分コストアップは仕方ないでしょう。

よりきれいに行いたいなら業者に依頼

年賀はがきにおいて、以前から写真を印刷したものを送ってくれる人がいました。まだパソコンやプリンターなどが普及する前です。それは、業者にプリントを依頼していたのでしょう。当時はまだ一般向けには普通紙しかありませんでした。はがきサイズに切り取り、それをきれいに貼り付けて一枚のようにしていたようです。今は専用の紙も出てきているので、そちらを利用することもあります。自宅においても行うことができますが、よりきれいに行いたいなら業者に依頼をした方が良いでしょう。自宅のプリンターは、どうしても性能に差が出てしまいます。ちょっとした差ですが、発色の度合いなどが異なります。その他文字のバランスなど、専門の業者に依頼した方がきれいに行ってもらえます。1枚当たりハガキ以外に別途コストがかかります。

記事一覧